大規模オープンテストベッド
-分散クラウド・センサーを活用するIoTサービスのための実験環境-
■サービスの概要
「多数の計算機資源、センサーを活用するIoT関連の技術検証・フィールド実証をサポート」
JOSEは、各種のセンサー、複数データセンタにまたがるクラウド設備、それらをつなぐネットワーク設備を利用可能なテストベッドサービスです。分散クラウドやセンサーを活用するIoT(Internet of Things)関連の新しい技術の検証や、サービスのフィールド実証のためのセキュアな実験環境を、少ない手間で、迅速に構築することができます。
JOSEの全体像
<JOSEの全体像>
■特徴
●導入の容易性
ネットワーク接続、セキュリティ設定、センサー利用のためのソフトウェア設定等が完了済みの汎用LinuxOS(物理マシン/仮想マシン/コンテナ)が、インターネット経由で利用可能な状態で提供されます。
●高い性能を持つICT基盤
多数の計算機、大容量のストレージ、それらを結ぶ広帯域ネットワーク(最大100Gbps)を有しており高性能なICT環境を構築可能です。また、ネットワークや計算機の接続構成は、JOSE のSDI(Software Defined Infrastructure)機能によって、ご要望に応じて柔軟かつ高速に変更可能です。
●全国規模のテスト環境
全国5つの拠点(東京,大阪,神奈川,京都,石川)のデータセンタに1,250台の計算機(最大20,000の仮想マシンを提供可能)が稼働しています。各計算機は最大10Gbpsでネットワーク接続しています。無線センサーの貸出し、接続済みの既存センサー設備から得られるセンサーデータの提供(共用可能なデータのみ)も行っています。
●安全性
利用者へは仮想化された専用のネットワークおよび計算機を利用可能な環境が提供されます。他の利用者と独立したセキュアな環境を利用可能です。
JOSEのシステム構成
<JOSEのシステム構成>
■サービス環境
●全国規模のテスト環境
全国5つの拠点(東京,大阪,神奈川,京都,石川)のデータセンタに1,250台の計算機(最大20,000の仮想マシンを提供可能)が稼働しています。各計算機は最大10Gbpsでネットワーク接続しています。無線センサーの貸出し、接続済みの既存センサー設備から得られるセンサーデータの提供(共用可能なデータのみ)も行っています。