スマートIoT推進フォーラム技術戦略検討部会 テストベッド分科会

スマートIoT推進フォーラム技術戦略検討部会 テストベッド分科会

IoTキャラバンシステム テストベッド IoTキャラバンシステム テストベッド

(1)ねらい

「キャラバンテストベッド」のイメージ
「キャラバンテストベッド」のイメージ
<クリックで画像拡大>
IoT等に関する技術実証・社会実証を行うプロジェクトの質・量の充実に向けて、NICT総合テストベッドを活用した検証環境におけるラスト1マイル構築の加速を目的としています。
  • ・IoT環境の構築や調査が容易にできる可搬型システム一式を貸出
  • ・通常時と災害時のデュアルユースに対応
    (通常時はIoT実証実験をサポートし、災害時には被災地の通信環境を補完するシステム)

(2)内容

「キャラバンテストベッド」で貸出しする主な通信デバイス
「キャラバンテストベッド」で貸出しする主な通信デバイス
<クリックで画像拡大>
「IoTキャラバンシステム テストベッド(略称:キャラバンテストベッド)」では、これまで利用者が準備していたIoTのラスト1マイルの通信手段等を、NICT総合テストベッドの機材として提供します。これにより、現場のセンサデバイスと各種テスト基盤(コアネットワーク、クラウド環境、大規模エミュレーション基盤)とを組合せた実証環境の構築が容易となり、価値が見える実証実験を促進します。
貸出しする主な通信デバイスは、以下の通りです。
 ※貸出しの期間は3か月程度を想定しています。
  • IoT-GW
    インターネットや携帯電話回線を使って、現場とコアネットワークの間を簡単・セキュアに接続する。
  • NerveNet
    通信インフラや電源が無い場所で、無線(Wi-Fi)マルチホップ技術を用いた分散ネットワークを構築する。
  • LPWA(プライベートLoRa)送受信機
    GPSを実装した子機が各測定ポイントにおける親機との通信可否をレポートすることにより、LPWA疎通エリアマップを作成する。

(3)検討状況

既にご利用いただける状況です。
現在は機材の機能と数量を拡充しつつ、利用手続の簡易化についても検討を行っています。

(4)利用について

NICT総合テストベッド事務局にご相談ください。
電話 042-327-6024
電子メール tb-info@ml.nict.go.jp
ご相談専用メール 利用のご相談はこちら

(5)備考

キャラバンテストベッド利用の構成例については、以下の図をご覧ください。
「キャラバンテストベッド」の構成イメージ
「キャラバンテストベッド」の構成イメージ